@名古屋

松山製菓:番外編 (会社のうらばなしと名古屋の駄菓子に関するあれこれ・昭和時代の生活の備忘録)

*

ストロー寒天の正統後継者はヤマヨの「ジャンボネオンゼリー」??

   

昔、よくお世話になった駄菓子に「ストロー寒天」というのがあります。ちょうどストローと同じサイズの透明のセルロイド製?の筒容器に色付きの寒天が詰まっているお菓子です。 いくらだったかは覚えておりませんが、1本5円か10円? 直径2cmくらいの太いサイズのものもありました

ストローのはしを咥えて、中身の寒天ゼリーを吸って食べるお菓子でした。 赤・黃・緑など、合成着色料で色付けしてあり、酸味はなかったように記憶していますが、フルーツの風味はあったかな。

あのストロー寒天も、なぜかニッキ味のものがありまして、子ども舌には、アレのニッキ味は苦手でした。 駄菓子系はなぜかニッキ味と相性が良いようで(といってもニッキ水しかすぐには思い浮かびませんが)、なぜ子ども向けのお菓子をニッキ味にするんだかわけがわかりません。

駄菓子の衰退の原因の一つに、ダイエーの出現からはじまる流通革命があると思います。 あれ以降、従来なら、裸品やそれに近い形でボール箱やネコ瓶什器などにそのまま入れられて売られていたものが、もうひと巻き、個包装をしなければいけなくなった。 それに対応できないメーカーの商品は、流通の表舞台から消えていってしまった。 今現在、当時のままのパッケージで残っているのは、東京のメーカーの、当たり付の「きなこ棒」か「糸引き飴」くらいでしょうか。 ストロー寒天も、当時の形状のものは、よく考えて見れば吸口がそのまま暴露されていて、しかも寒天なんて一番最近が好む食べ物だし、不衛生といえば不衛生で、外装をかけられた商品は残っているようですが、こちらの地元では見なくなりました。

そんな、ストロー寒天に代わって、今の子供らが食べるとしたら、プラ系の軟包材に入れられたゼリー菓子になるのでしょう。 昔のままで寒天ゼリーなのか、あるいはカラギナン(増粘剤)ゼリーなのかはチェックしていませんが、バリエーションとして、こんにゃくゼリーもポピュラーになっています。 名古屋でも坂製菓、共親製菓、ヤマヨ製菓などがスティックゼリーを作っていますが、昔からのネーミングがそのまま残るヤマヨの「ジャンボネオン」が正統後継者なのではないか、と思うわけです。 こちらの写真のよりも倍以上大きくて、20円で買える、文字通りジャンボなやつもあります。neon-s

 - お菓子の話, 名古屋メーカー