@名古屋

松山製菓:番外編 (会社のうらばなしと名古屋の駄菓子に関するあれこれ・昭和時代の生活の備忘録)

*

自堕落=名古屋市議会 議員報酬655万円増額を強行採決だとぉ? 頑張れ河村たかし!応援してるで

      2016/03/10

既報ですが、名古屋市議会がやってくれました。 現行800万円の議員報酬(600万+期末手当200万)を1,455万円にお手盛り増額だと(1010万+期末445万)。gikai

現行の800万は、2011年からの暫定的な減額ではありましたが、市長がこの特例条例を恒久化しようとしたほうは否決して、自分たちで勝手に増額ということです。で、特例前より15%減額してると言い訳。

特例の月額50万では生活できないんだと。以下引用

民主の岡本康宏議員(39)=緑区、3期=は妻と4歳、7歳の子の4人暮らし。「貯蓄はできず、主婦の妻はやり繰りに悩む」と話す。報酬は半減で月50万円になり、所得税や社会保険料、住宅ローンなどを引くと約30万円。年200万円の期末手当はあるが「議員活動で自腹もある」。

あのさ、住宅ローンを引くとのこり約30万って、少ないか?  あと、報酬と別に、月額上限50万!! の政務調査費も使えるし。

別に月50万円の政務活動費があるが、多い時は一晩で2~3カ所、計3万~5万円になる会合費には使わない。使い道は会派としての活動に限られるからだ。「市民の声を聴く窓口」と重視する事務所やスタッフにかかる費用も、選挙活動などにも使えるため全額に政活費をあてられず、月10万円以上は足が出る。

仕事上の自腹はだれでもおなじ。

もともと名古屋市の議員報酬は月額99万で、政令市では全国一。 年額でも1633万円は、横浜の1630万円より上でした。 今回15%減額して「大阪は減額12%だったから」とか言い訳してるが、期末手当は減ってないから、年額では、大阪市を上回ってしまった。横浜・京都に次いで3番目となったのかな。

全国ニュースで恥さらししているが、もっと恥かけ。

議会リコールには37万票必要らしいが、やってみる?

市民は皆、見透かしている。 なまけものの自分が小学校の卒業文集で、将来なりたいもの欄に、「市会議員」と書こうとしたくらいだから(先生に「政治家」に修正されてしまったが)。

減税日本も人材不足やら、ヘマやらで、議席数減らしてしまっているが、元「総理を目指す男」=河村たかしには、頑張ってもらいたい。

(名古屋城天守閣の木造復元も応援してるで、オリンピックに間に合わんでもええんやで)

 

 

 - 名古屋の話, 日常の与太話, 現代